モテる女になるための服装を知りたいなら

雰囲気でかわいらしさを演出する

スポンサーリンク

別に容姿端麗というわけでなくても、モテる女性というのはいます。
別に完璧なかわいさや美しさまでは必要ないのです。

 

からだの部分部分のパーツで見れば、いくらかコンプレックスがあったとしても、それは実は女性が思っているほど、ネックにはならないのです。

 

こまかい外見的な部分よりも、むしろ相手の男性の印象を操作するのは、全体的な何となくの雰囲気の部分であったりします。


そして、全体的な印象を操作するのはファッションに関する部分です。
考えてみれば、服装というのは体の8割程度の面積を占めています。
髪型やメイクなどもファッションに含めて考えるともっと割合は大きくなるかもしれません。

 

そのような大きな割合を占める部分であるからこそ、ぱっと見た感じの印象という意味では、ほとんどそういったファッションに関する部分で決定付けられてしまうものなのです。

 

そして、男性によい雰囲気の印象を与えるのは、いわゆるいかわいい系の服装です。
もちろん、男性によって好みのタイプというのはもちろんあると思いますが、日本人男性というのはそういったかわいらしい感じというのを好む人が多いと思っています。

スポンサーリンク

たとえば、ジーパンなどにしても、普通のものではなく、随所にかわいらしい刺繍が施してあったり、スカートであれば、チェックのものやレースをあしらったもの、プリーツ加工がしてあるものなどがおススメです。

 

ふんわりとしたやわらかい素材で、あとは、色も薄めのパステルカラーのものがいいと思います。
なかなかこのように文章だけではイメージがしにくい部分はあると思いますが、こういった少しかわいらしい感じの服装が男性にはウケがいいです。

 

かといって、あんまりぶりっ子しすぎたようなバリバリのかわいらしさはかえって敬遠されます。
あくまで、適度さを心がけてください。

 

なぜ、こういった服装がよいのかというと、近寄りやすいイメージを与えるのだと思います。
あまりにも男性を意識しすぎたぶりっ子ファッションはなんとなく男性は引いてしまいます。
何となく近寄りやすいかわいらしい服装をしていながら、その加減がちょうどよいのでしょう。


もし、理解しにくかったら、自分が男性と接するときのことを考えてみてください。
ホストみたいなキメキメの男性やブランド物で全身を固めている様な男性がいたら、確かに、かっこいいなとか思ったりすることもあるかもしれませんが、何となく近寄りがたい印象を抱いて、敬遠してしまいませんか?
それと同じことが言えるわけです。

 

いくら、素敵なかっこうをしていても、男性が近寄ってこなければ、意味がありません。
いい意味での隙というか近寄りやすさを残しておくことが必要だということですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加